« エビータ | トップページ | オペラ座の怪人 »

2006年8月17日 (木)

アルゼンチンセミナー

いやぁ面白かった&楽しかった!

EVITA  アルゼンチンセミナー 

幕が開き、ピアノの音と女性のスペイン語?が流れ何とも妖しい雰囲気。そこに男女3組のペア(団&江上、柴田&小川、高倉&岩崎 敬称略。)が登場してアルゼンチンタンゴを披露。タンゴの曲が「エル・タンゴ・デ・ロクサーヌ」 だったら失神してましたよ。私。。

司会は畠山さん、村澤さんの二人。

そこへ チェ・ゲバラ役の芝さん、マガルディ役の渋谷さんが登場!

自己紹介が面白かったんです。

1回目 芝さん“ゲバラ焼肉のたれです” 渋谷さん“マルガリータです”
2回目 芝さん“ベルサイユのゲバです” 渋谷さん“マキャビティです”

お客さん大笑い。

その直後、少し客電が落ちてマキャヴィティ登場時の音楽が鳴り、上手手前のドアから青山祐士さんが群集の衣装でマントを羽織って“はーっはっはっはっ”と登場。アンサンブルの男性の方二人が懐中電灯で顔を照らしておる。
しまいには“マキャヴィティ役は青山祐士さんでした~。”と紹介しておきながら“五反田へお帰りください”とつめたい一言(笑)

3回目でちゃんと自己紹介。

今日はワインかマテ茶で乾杯するらしく、その他の出演者の皆様がトレーにワインとマテ茶を載せて各通路に。その出演者からワインを配ってもらうんだけど、私は最上手の席に座ってたので、男性アンサンブルの方が超接近してきてドキドキ(馬鹿) でもこの方の顔と名前が一致せんわ。

隣に回さなきゃとカップを隣に渡すと“まわしてくださるんですか?ありがとうございます”とお兄さん。
私は今回ワインを頂きました。この後車運転しなくても良いのが嬉しい!今回のワインはアルゼンチン、ラ・アグリコーラ社の2005年モノの白ワイン。多分辛口なのにほぼ一気呑み。(←酒強くないのに、、すきっ腹にきちゃいました)

さてさて。イベントの中身・本題ですが、作品の2幕冒頭のシーン“カサ・ロサーダのバルコニーで/共にいてアルゼンチーナ”のシーンを体験するとゆーモノ。歌の先生は阿川さん。

まず♪ペロン ペロン  と歌う練習。 ←拳を付き挙げながら
次は♪エビータ エビータ と歌う練習。 ←ハンカチ(受付時に貰ったもの)を振りながら
で♪嵐吹きすさぶ~ あなたたち~ と歌う練習
最後は エビータに歓声を送る練習。

注意するポイント
♪ペロン は69回 ♪エビータ は8回
♪嵐~の歌の入るタイミング
歓声は“オシムジャパンに声援を送るように”と芝チェ。

本番では下村ペロン、ちえエビータが登場。
下から見上げる格好になる状態で、♪ペロンと69回叫び(一応メロ付きだけど)、ちえエビータに♪エビータ!と歌い、間近で“共にいてアルゼンチーナ”を聞いた日にはそれはもう超感動。。
♪嵐~の歌は、アホみたいに大きな声で歌ってしもうた(笑)
最後の声援のトコ。。。「愛をありがとう」で霊界空港でお別れしてる人みたいだった自分(笑)

凄い面白かった。この生舞台を体感する感覚。とってもお勉強になりました。

|

« エビータ | トップページ | オペラ座の怪人 »

コメント

お友達から、この話し聞きました。

とても楽しかったようですね。
参加して見たいなぁ~
元々、イベント付きの平日観劇がほぼ無理な立場ですので
一回しかないですが…

ライオンキングのダンスイベントで
教えてもらって舞台で披露するんです。
その時のアンサンブルさんはしっかり覚えてます。

夢醒めのイベントが祝日にあるので
ぜひ参加したいです!!

しかし、69回って数えるんですか?(笑)

投稿: もこ | 2006年8月23日 (水) 20:16

>もこさん
私も、普段は平日休めない人なので、今回もイベントチェックなんか全くしてなくて(笑)
え?イベントあるの?ラッキー♪という感じでした。
3150円で観劇して、9列目の席でイベント堪能できたので贅沢だったなぁ~と思います。

69回は数えようと思ってたんですけど、拳を付き挙げてたので(笑)

投稿: よっし~ | 2006年8月23日 (水) 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンセミナー:

« エビータ | トップページ | オペラ座の怪人 »