« わくわくどきどき | トップページ | テレビの向こうから… »

2006年2月15日 (水)

まじゅちゅしだいすけ

昨日は10時過ぎに就寝・午前1時起床。
家で一人寂しく…ではなく、素敵な人たちと熱気ある場所で観戦しました。
大ちゃんや他の選手の皆様に一喜一憂して…一番滑走。しょっぱなからもりあがるもりあがる。
コーヒーや紅茶やおみかんやチョコレートを頂きました。私は金メダルチョコをテレビの前に飾らせてもらって、会話のあった人に“カファレル”のチョコをプレゼント☆

大ちゃんが滑る向こう側に見えるフェンスに五輪マークがあるとゆーのがふしぎな感じ。
「オリンピックなんだよね。凄いよ。」と今までオリンピックを見てきて味わった事の無い気持ちでした。

第4グループのジュベールが終わった時点で仕事があるので帰宅。家で時間の許す限りハイビ観戦。サンデュだけ見る事が出来なかったんだけど、カーラジオで結果を聞いて狂喜。
そしてその瞬間最終滑走なんかにならんよなぁとか考えてたんだけど…


本当に最終滑走になった(笑)

さすがいけめんまじゅちゅし。ドラマティックすぎます…


845ニュースではSPの演技を全部みせてくれました。
「華麗なスピンとステップでしたね」byいいじま
明後日は仕事は休みを取りました(^_^)v
金曜日は大きいテレビみにいきましょーね!ASZさん。

髙橋大輔(日本)
最初のコンビネーションと3アクセルで着氷の乱れがあった割に点数が出てるなぁ~と思いました。
サーキュラーステップに入る時もなんかおかしいですよね?
本人が「今シーズン最悪」と言ってましたが、スピンは(かなり)良かったと思います・

プルシェンコ(ロシア)
この人宇宙人ですよね(笑)人間じゃないみたい。しかし…ステプシークエンスおかしいって。動きすぎ。トスカの曲に合ってないちゃかちゃかしすぎ。ともっと合う曲があるはずだ!と思いながらみてました。

バトル(カナダ)
最後のあたり好き。

李成江(中国)
ヒラヒラ着てる。訳あって音声が小さくなっていたため、せっかくのナンバーが楽しめず(悲)

ランビ(エ)-ル(スイス)
カメラに抜かれていたてんとう虫のコスプレの子かわいかった。
(↑お姉さん感想がおかしいよ)

ウィアー(米国)
キレイだったね~。白鳥に見えるスピンがすんばらしかった。

ジュベール(フランス)
帰る準備に追われてたんだけど、見た感じで大ちゃんより上にいくなぁ~という感じはした。
ギャラリーから「かっこいい~」という声があがってたような…

ライサチェック(米国)
表情が固いなぁと思ってたら案の定。キスクラで泣いてましたね。ファイトじゃ!ライサチェック。

|

« わくわくどきどき | トップページ | テレビの向こうから… »

コメント

みんなで一緒に観戦・・・うらやましいですね。
テレビで倉敷と関西大学のシーンが流れました。
午前3時にあのノリですもん!本当に羨ましい。

私は結局夜更かしの延長のまま大ちゃんを見て、その後は岳斗君見たさにダラダラし、そして6位に入ることを切望して見ていたら朝になってました(爆)
最後の最後までハラハラしてしまい、これで私の気持ちがフリーまで耐えられるのかと思いました。

でも本当に緊張してたのは瞳に表れてたけど、いい意味での緊張感かな?スピンの速さはかなり増してましたよね。
よっし~さんはサーキュラーが好きなんですよね?周りがちやほやする中ナイスなご指摘です!
テレビで佐野さんのコメント聞いてつくづくジャンプが8回もあるんだと再確認!!しかも今度は最終滑走、どうか自分の演技の完成度を求めてステキでドラマチックな思い出をぜひぜひ作って信成君にお話のお土産を届けてあげて欲しいですね。

投稿: ゆきみ | 2006年2月16日 (木) 01:51

大ちゃん8位入賞!です(*^_^*)

表情はショートの時よりも良く見えたんだけど…4回転も臆することなくチャレンジして、小さなミスこそあったけどこの結果(しつこいんだけどPCSの高さが嬉しい)
五十嵐さんもおっしゃってましたが、後半のソロジャンプは本当に綺麗な着氷でしたよね。
8回もあるジャンプ。私も以前に比べたら大分安心してみていられるようになりました(けど、コンビネーションだけはドキドキ)

演技後のインタビューからも、悔しさが伝わってきたし、次の試合っていつになるのか判らないけど…来シーズンもきっと素晴らしいものをみせてくれますよね。
そしてバンクーバーは男子3枠になってると嬉しいな…

投稿: よっし~ | 2006年2月17日 (金) 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まじゅちゅしだいすけ:

« わくわくどきどき | トップページ | テレビの向こうから… »